calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
profile
new entries
recent comments
categories
archives
blog links
つよさ→逃げないこと。
by youta さん

カメ浪人のあゆみ
by のの さん

hiroの医学部受験期
by hiro さん

医学部再受験
by LoverBoy さん

Re-entrant Loop
by exso さん

医学部学士編入はネットで突破する!
by りゅい さん

掌 -tanagokoro-
by Bel さん

2浪が医学部を目指すブログ
by 鴻鵠 さん

激闘ゆー
by ゆー さん

FromFto慶應
by GONA さん
test records '07
5/13 全統マーク模試#1
5/19 TOEFL#2
5/27 全統記述模試#1
6/3 駿台全国模試#1
6/10 SEGクラス分け(物・化)
6/17 SEGクラス分け(数)
6/24 TOEFL#3
7/21 TOEFL#4
7/24 SEGクラス分け(数・物・化)
8/5 代ゼミ京大プレ
8/11-12 全統東大OP
8/19 全統京大OP
9/2 SEGクラス分け
9/30 TOEIC
10/28 全統マーク#3
11/10,11 全統東大OP#2
11/17,18 駿台東大
11/23 代ゼミセンタープレ
11/24,25 代ゼミ東大プレ
12/9 全統医進
12/16 代ゼミ医#2

=本試験=
1/19,20 大学入試センター試験(804)
1/24 J天堂センター利用出願(一次★)
2/21 KO医学部(一次★)
2/25,26 烏賊鹿前期(★)
3/12,13 烏賊鹿後期(未)

模試の記録はこちら
links
others
sponsored links

-sakura sake- 桜酒

研究医になりたい!!
医学部再受験日記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
取り急ぎご報告まで
要綱出るの遅い遅いと思っていたら…




医科歯科学士入学の日程(未定)…




本当に遅れました…




早くても、8月に実施される模様…




新たにTOEFLのスコアに下限が設けられ…





遅れて好都合とか言ってられなくなりました…
| 学士入学について | comments(0) | - |
金沢大 学士入学過去問
未研究

過去問へ
read more...
| 学士入学について | comments(3) | - |
滋賀医科大 学士入学過去問
【テスト形式】
第1次試験:総合問題、英語
第2次試験:小論文機↓供¬明

【傾向】
<総合問題>
大学1,2年修了程度の生物学(細胞生物学など)
生命現象に関連した物理学・化学
大学受験範囲の生物、物理、化学

正誤問題:50問 60分

<英語>

大問3題 60分

<小論文>

機ーN屠々融〃蓮90分

供\弧仁冤系 90分


過去問は「続きを読む>>」へ
read more...
| 学士入学について | comments(0) | - |
鉄は熱いうちに打て
ってことでね、さっそく昨日に引き続き学士入学普及へのこの情熱を書きつづろうと思います。
(べ、別に、今朝ブログ見てみたら思ったより反響がなかったからとかじゃないかんねっ…!)

昨日の書き込みで学士入学の制度や資格についての利点はなんとなく分かったと思うんですが、じゃぁ実際、どんなテストなのかってところが一番重要ですよね。これが歯が立たなければ何の意味もありませんから。

とはいえ、学士入学の過去問は赤本はないし大手予備校にも(そのサイトにも)置いていないんです。私が知ってる限りでは河●塾系列のK●LSでしか手に入りません。(大学によっては閲覧可能なところもあります。)

なぜにそんな独占市場なんでしょうか。なんで代ゼミも駿台もやらんのでしょう。sepialiceは不思議でなりません。学士入学対策講座もK●LSでしかやってません。

そんなわけで去年sepialiceは4〜7月にK●LSに通いました。その授業のヘボさはおいおい書くとして、得られた過去問を元にどんな問題が出るのか軽く述べたいと思います。

まず、試験形式は各医学部でさまざまな形式があるのですが、大別すると、

・英語

・生命科学

です。生命科学は大学受験の生物よりもうちょっと踏み込んだ内容の学問です。こんな参考書があります。
生命科学理系総合のための生命科学―分子・細胞・個体から知る“生命”のしくみ
左:生命科学東京大学教養学部理工系生命科学教科書編集委員会
右:理系総合のための生命科学―分子・細胞・個体から知る“生命”のしくみ

sepialiceは左のを持ってます。図がキレイで分かりやすい。

学力試験は英語・生命科学の2科目だけという医学部も少なくありません。ということは、大学1〜3年で英語と生物学をマスターすれば学士入学合格の道が開ける、というわけです。

学士入学にセンターは要りません。センター9割がどんだけの壁かということは多くの浪人生が感じていることだと思います。しかもセンターの勉強って二次試験ではほとんど役に立たないないようなことばかりですよね。そんなものに1ヶ月以上も時間を割かなければならないのです。

問題が難しいわけではないのに何故か得点が伸びないセンター国語はかなりのプレッシャーですよね。あまり時間の割けなかった地歴・公民が平均点くらいになっちゃったりもします。するとその反省を生かして浪人時代は一年を通して漢文・古文、地歴・公民を勉強して、かなりの時間を費やすことになる。たかがセンター、されどセンター、なわけです。

でも学士入学はセンター足きりはありませんから、どの大学でも自分の実力で受けることができます。勉強しなきゃいけない科目も英語、生物学と絞られていますから、センターで苦しい思いをしてる人には朗報かと存じます。

ここで、学士入学の大まかな流れを書いときます。(あくまで目安です。医学部によってかなりのばらつきがあることはご承知ください。)

一次試験:書類選考
     (自己推薦書、教授推薦書など、
     医科歯科や香川大など、TOEFLが必要な大学もあります。)

二次試験:学力試験
     (ほとんどの大学で英語と生命科学(主に分子生物学や細胞生物学)
     阪大や医科歯科など、数学・物理・化学が課される大学もあります。)

三次試験:面接
     (小論文、集団討論、研究発表が課される大学も)



大体こんな感じです。難しそう、と感じるところもあるでしょうか。でも、よく考えてください。準備期間は大学3年間、あるのです。前回の書き込みで理系学部が望ましいと書いたのはそのことです。つまり、大学の授業が学士入学の勉強に直結するからです。

でも多くの大学1,2年生、あるいは仮面浪人生は学士入学を知りません。すると、大学で学士入学を目的とした勉強をできないから、学士入学は難しそう、と倦厭されがちなのです。

本当に学士入学は一般受験より難しいのでしょうか。sepialiceが去年1年やってみて感じたことは、学士入学と一般入試は難易度として変わらないといった印象です。学士入学と一般入試で範囲が異なるのは生物と化学の一部だけで、あとの英語、数学、物理は難関医学部の一般入試のレベルと変わらないかむしろそれ以下だと思いました。(だからsepialiceは今年、一般受験用の予備校に通うことにしました。)

学士入学は一般入試から何年も経った社会人が受けるので、ここでもまた、学士入学は難しい、と倦厭されます。でも、今現在、一般入試の勉強をしている皆さんなら、学士入学も十分手の届く範囲だとsepialiceは思います。


やはり最後に一言、言わせてください。

医学部を目指す現役高校生や仮面浪人生は学士入学を視野に入れろ。

すいません、えらそうで…。


百聞は一見にしかず。さっさと過去問を見せろ、って感じですね。ごめんなさい、なにぶん本業が受験生なもので。ちょっとずつupしようと思いますので待っててください。あ、何大学の過去問が見たい、といった要望や質問があればお気軽にコメントしてってください!sepialiceが答えられることなら何でもお答えします!
| 学士入学について | comments(4) | - |
別解を考える
本日二回目更新。

数日前から企んでることがあるんですよー。



それは

学士入学の過去問を載せる



見たくない?



見たいでしょ?



でしょでしょ?



と、思いついたのは、このブログを始めてから医学部を目指すいろんな人のブログに遊びに行ってるのですが、一般受験を目指す人は多いけど、学士入学を目指してる人は少ないという印象を持ったからです。



それは一つに、世代的なものがあると思います。一般受験を目指してる世代はネットをたくさん使う。大多数の人がブログを書いてます。しかし、学士入学を目指す人は多くが20台中〜後半。大学4年だったり仕事をしてたり、ネットする暇がない人が多いのでしょう。



でも、それよりもやはり、学士編入制度の知名度の低さが大きいと思いました。医学部受験ブログを見ていて、明らかに大卒以上の年齢の人でも、学士編入を視野に入れてる人は少ないです。もちろん、大学を出ていなければ学士編入は受けられないので、学歴の問題で受けられないのかもしれません。



もっと私を突き動かしたのは、仮面浪人生の多さです。大学に行きながら医学部受験してる人は大体、大学1,2年のうちにやってダメだったら諦めて大学に専念しよう、と考えてる人が多いようです。



非常にもったいない!そういった仮面さんはぜひとも学士入学も視野に入れるべきです。その理由をこれから述べます。



1.学士入学を受けるためには、卒業した大学や学部は問われない。

大学の偏差値も関係ありません。文理OKです。4年制の大学を卒業してさえいればいいのです。

*追記(8/27,2007)*
るるるさんのご指摘により追記。

出身学部の文理についてですが、大学により自然科学の単位が出願要件に課されます。
そうすると文系学部は不利ですが、その場合おススメなのが放送大学です。
一科目ずつの単位取得が可能です。
放送大学で取得した単位が認定可能かどうかは、出願大学に確認してください。
多分、大丈夫だと思いますが。



2.大学時代の成績はほぼ問われない。

これは評価基準が定かではないのではっきり言い切ることはできませんが、学士入学の性質を考えればそう言えると思います。というのは、大学が学士入学者に求める人材は、経験者なのです。

経験というのは、卒論のような研究だったり、社会人としてプレゼンをやったり、普通の高校生が経験したことのない経験です。ですから、高校生にもできる勉強の成績よりも、経歴、卒論なんかを重視する傾向にあると思います。

もちろん成績がいいに越したことはないと思いますが。



3.受験資格は大学4年次から。

まだ卒業してなくても、その年度に卒業予定の人も受けられます。もちろん、受かっても留年したらダメですが。



4.医学部に入学するとき、2年次後期or3年次。

医学部によります。

仮に3年次に入学したとしましょう。すると医学部に在籍する期間は4年間です。大学4年+医学部4年=8年、で、普通に一般受験で入った医学部6年間と2年しか変わりません。

ちなみに、2年次後期入学の医学部だと、大学4年生は受けられません。



5.日程は決まっていない。

一般受験のように、国立前期・後期、といった日程は設けられていません。その年その年で各医学部が受験日を決めます。

つまり、日程が重ならない限りいくつでも受けられるのです。今年はすでに香川大と福井大が重なっています。去年は東京医科歯科大と筑波大が重なりました。しかしそれ以外なら、たとえば去年の例をとると、

2006年
5/27 福井大学 浜松医科大学 香川大学
6/9 滋賀医科大学
6/17 旭川医科大学
6/20 大分大学
6/24 山口大学 長崎大学
6/25 弘前大学
7/4 東京医科歯科大学 7/4-5 筑波大学
7/12 富山大学
7/21 高知大学
7/29 北海道大学 鹿児島大学
8/2 神戸大学
8/17 名古屋大学 8/17-18 大阪大学
8/18 金沢大学
8/21 獨協医科大学(私)
8/22 岡山大学
8/26 千葉大学
9/1 島根大学
9/2 群馬大学 愛媛大学
9/9 鳥取大学
9/23 東海大学(私)
9/29 新潟大学
10/27 琉球大学
11/19 北里大学(私) 金沢医科大学(私)

2007年
1/23 愛知医科大学(私)
2/1 杏林大学(私)
2/9 信州大学
2/15 日本医科大学(私)
3/2 藤田保健衛生大学(私)
3/11 秋田大学

疲れました。あい、つまり、受けようと思えばこれだけ受けられるのですよ!これ全部ですよ!

もちろん、受験料は3万と一般受験よりお高いし、大学の試験と重なるところもあるでしょう。でも、そういう時期を差し引いても、一般受験よりたくさんの医学部を受けられることは確かでありましょう?中学高校の受験のように、滑り止めとしていくつも受けることができるのです。

ちなみにsepialiceは今年、H松、S賀、O分、T医科歯科、C葉を最低でも受けようと考えてます。


疲れたので今日はこの辺にしときます。が、最後に一番言いたかったのは、



学士入学はいっぱいお得!!



なので、いろんな人に知っていただきたい。

たとえば高校生。高校生はまず、学士入学の存在を知らないと思うんです。これは絶対損です。たとえばこんなプラン、
高校生活を楽しみつつ大学受験時は手の届く範囲の大学に入り(理系が望ましい)、
大学時代に英語、生物の授業を取り、かつ独学でも勉強する。
大学4年で学士入学に合格し、
大学卒業と同時に医学部3年生。

というコースで、現役生とたったの2年差で医師免許を取れます。しかも高校・大学生活満喫しつつ。私も大学進学時に学士入学の存在を知ってればなぁってすごく思いますもの。(ちなみにsepialiceが学士入学の存在を知ったのは大学4年の9月でした。)

もちろん、学士入学も医学部受験には変わりありませんから、狭き門です。でもそれは、高校・大学時代に学士入学の存在を知らずに過ごしているからです。もし、もっと早く、せめて大学2年くらいまでに学士入学のことを知っていれば、十分な準備期間をもって学士入学に望めます。社会人になって仕事の傍らの勉強、あるいは卒論が大変なのに勉強っていう片手間の勉強では、受かるものも受かりませんよね。受験料だって、大学時代にバイトして貯金することも可能です。

終わるって言ってから長かったですね。まぁそんなわけで、学士入学の知名度向上に、これからも励みたいと思います。過去問upも準備していこうと思います。
| 学士入学について | comments(10) | - |