calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
profile
new entries
recent comments
categories
archives
blog links
つよさ→逃げないこと。
by youta さん

カメ浪人のあゆみ
by のの さん

hiroの医学部受験期
by hiro さん

医学部再受験
by LoverBoy さん

Re-entrant Loop
by exso さん

医学部学士編入はネットで突破する!
by りゅい さん

掌 -tanagokoro-
by Bel さん

2浪が医学部を目指すブログ
by 鴻鵠 さん

激闘ゆー
by ゆー さん

FromFto慶應
by GONA さん
test records '07
5/13 全統マーク模試#1
5/19 TOEFL#2
5/27 全統記述模試#1
6/3 駿台全国模試#1
6/10 SEGクラス分け(物・化)
6/17 SEGクラス分け(数)
6/24 TOEFL#3
7/21 TOEFL#4
7/24 SEGクラス分け(数・物・化)
8/5 代ゼミ京大プレ
8/11-12 全統東大OP
8/19 全統京大OP
9/2 SEGクラス分け
9/30 TOEIC
10/28 全統マーク#3
11/10,11 全統東大OP#2
11/17,18 駿台東大
11/23 代ゼミセンタープレ
11/24,25 代ゼミ東大プレ
12/9 全統医進
12/16 代ゼミ医#2

=本試験=
1/19,20 大学入試センター試験(804)
1/24 J天堂センター利用出願(一次★)
2/21 KO医学部(一次★)
2/25,26 烏賊鹿前期(★)
3/12,13 烏賊鹿後期(未)

模試の記録はこちら
links
others
sponsored links

-sakura sake- 桜酒

研究医になりたい!!
医学部再受験日記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
【国語・公民・小論文】勉強記録
Z会小論文
100点満点
解答番号 やった日 予想得点 *得点* 席次 偏差値
6 6/
5 5/14 50 58 113/201 49.2
4 4/? 60 45 168/252 44.8
3 3/? 50 57 69/170 52.6
| other subjects | comments(0) | - |
【国語・公民・小論文】参考書のススメ
小論文これだけ!―短大・推薦入試から難関校受験まで
小論文これだけ!―短大・推薦入試から難関校受験まで
樋口 裕一


小論文を書くときの基本事項はもちろん、色んなトピックスに関しておススメ本をリストアップしてくれて、しかもその本の要約までしてくれるという至れり尽くせりの一冊です。
ほんとに、これだけ!って感じです。

田中雄二の漢文早覚え速答法―試験で点がとれる
田中雄二の漢文早覚え速答法―試験で点がとれる
田中 雄二

「一目でわかる現社ハンドブック」
| other subjects | comments(0) | - |
【国語・公民・小論文】おススメしない参考書
買ったものの、つまらなくなって途中でやめたり、力が付かなかったりした、残念な参考書・問題集の数々。分からないのは自分が悪いと思いがちですが、違います。参考書が悪いんです。つまらない、分かりにくいと思ったらさっさと次の参考書を探しに行きましょう!でも、評判が悪いものはたいてい誰にとっても良くない参考書ですから、これを見て無駄な労力と時間とお金をかけないようにしてくださいね。

国語編。

センター試験 秘 裏ワザ大全2007年度版国語 洋泉社

裏ワザでやってみたらいつもより低かった…。実力と合わせて裏ワザを使えばちょっとは点数upしてるのかもしれないけど、やはり確実に古文や漢文の単語を覚える方が懸命。

公民編。

今のところなし。
| other subjects | comments(0) | - |
読書のススメ
面接や小論文のためになる本たち。

3/29
医師としてできることできなかったこと―川の見える病院から
医師としてできることできなかったこと―川の見える病院から
細谷 亮太


----------------------------------------------------------------------
4/4
医学部受験の総合的研究
医学部受験の総合的研究
清水 直史


タイトルにまどわされないように。

医学部受験の「勉強法」ではなくて、医学部の構造とか学閥とか、大学選びや面接での志望動機を強化するために必要なことが書いてある。

せっかく医学部に入っても、「こんなはずじゃなかったのに」ってならないための一冊。



----------------------------------------------------------------------
読んだ日:3月下旬
医学部 合格する勉強法・ムダな勉強法〈2007年版〉
医学部 合格する勉強法・ムダな勉強法〈2007年版〉


2007年版なんですけど、この本の中の山梨後期の話はびっくりでした。有名な話なのでしょうか、医学部受験生には当たり前?

医学部受験の情報収集には、エール出版の本はちゃんと読んどいた方がいいですねー。



----------------------------------------------------------------------
読んだ日:3月下旬
僕に死ぬ権利をください
僕に死ぬ権利をください
ヴァンサン・アンベール


自動車事故によって全身麻痺になり、幸か不幸か、意識と聴覚と親指を動かすことのみを奇跡的に取り戻した青年の話。このときまだフランスでは安楽死は法制化されていなかった。

事故直後、彼が一命を取り留めるまでの母親と医師の会話。
「そっとしておいてやってください。もう助からないんですから、自然に任せてください。」
「いけません。ヴァンサンはあなたの所有物ではありません。彼はもう成人ですよ。決めるのは彼自身です。」

しかし、意識を取り戻した彼の決めた死の選択肢を医師は許可しない。これほどの矛盾があるだろうか。残酷すぎる。確かに、意識を取り戻した彼は得がたい経験をしたかもしれない。でも彼が望んだことではない。その評価は他人にはできない。どんなことを幸福とみなすか本人にしかできないのだから、医師にも大統領にも誰にも、生を強要することはできない。



----------------------------------------------------------------------
面接の達人2008バイブル版
面接の達人2008バイブル版
中谷 彰宏


もちろん、就活用のご本です。
ですが、どんな面接にも言える内容です。

実例や模範解答が載ってるわけじゃなく、どうやって考えればいいのか分かりやすく誘導してくれます。



----------------------------------------------------------------------
読んだ日:3月中旬
大学ランキング (2007年版)
大学ランキング (2007年版)

面接のとき、「本学を志望した動機は何ですか?」って聞かれますよね。困りません?私は結構困ります。皆が言ってるようなことは言いたくない。けど、正直に答えると、近いからとかトップの学校だから、とかになっちゃうし…かといって自分の実体験に基づかない理由を述べても空虚になってしまう(少なくとも私は…)。。。

大学ランキングなるものを発見しました。すごくたくさんのテーマのランキングが載ってるから、多分、どの大学でもひとつくらいは上位に入ってるでしょう。データに基づく理由なら説得力あるのでわ。後期試験で使ってみますムード



----------------------------------------------------------------------
読んだ日:3月中旬
脳を活かす!必勝の時間攻略法
脳を活かす!必勝の時間攻略法
吉田 たかよし


この本、いいですよ。

いかに効率よく時間を使うか、科学的に説明してます。

モチベをあげるのにも最適。

吉田たかよしさんは結構たくさん本を書いてるけど、どれも同じこと書いてるみたいです。どれか一冊読めばOK



---------------------------------------------------------------------
読んだ日:3月上旬
白衣を脱いだらみな奇人―あるドクターの本音と本当
白衣を脱いだらみな奇人―あるドクターの本音と本当
平盛 勝彦


循環器内科のドクターをやって、今は医療系ベンチャーの社長さん。

医学部の内情を赤裸々に教えてくれます。

医学を志す者にとっては興味深い内容。



--------------------------------------------------------------------
読んだ日:3月上旬
医療はどこへ向かうのか―人間にとっての医学の意味を問い直す
医療はどこへ向かうのか―人間にとっての医学の意味を問い直す
水野 肇


切除

副作用

薬剤耐性

医療は進化し続けたくさんの病を治せるようになったけど、
その弊害も計り知れない。

このままでいいのか。

18世紀以降邁進してきた現代医療は立ち止まるべきなのでは。

と考えさせられる一冊。
| other subjects | comments(0) | - |